避難訓練

教頭発【令和4年5月28日土曜】晴れ

 年中・年長組は火災を想定した避難訓練を行いました。事前に火災について各クラスの担任から話を聞き、避難の仕方などについての説明がありました。放送で、「幼稚園が火事の時の訓練です。火事の訓練です。クラスの先生の話を聞いて避難してください。」というアナウンスをすると、4分程度で総合遊具の前にクラス毎に整列しました。年中組は、非常滑り台を使って園庭に集まる経験をしました。年少組は、年中・年長組の避難する様子を目にしたり、防災頭巾の被り方を教わる時間がありました。

 全員の点呼が終わった後には、訓練の様子を見て気づいたことや約束などを話しました。火事の時は、火が出るだけでなく煙も恐ろしいことや避難の時の合言葉について確認することにしました。昨年度にもこの話をしたので、「火だけでなく何が出るのかな?」と聞くと、「けむりー!」とはっきりした返事があり、合言葉の「お・か・し・も」についても、それぞれの意味をほとんどの子ども達が憶えていました。特に年長組は「し」の「しゃべらない」が見本となる様子だったので、話の中で褒めました。

 毎月実施している訓練で身の守り方を憶え、いつ起きるかわからないその時に備えて身につくことができるよう教えていきたいと思います。6月は全学年が一緒に参加します。

〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-17-10

お電話でのお問い合わせ

目次
閉じる