幼稚園の紹介

名称学校法人五島育英会
東京都市大学二子幼稚園
創立1955(昭和30)年4月
理事長泉 康幸
創立者五島慶太先生
創立者:五島慶太先生

沿革

1955(昭和30)年創立・開園(旧二子玉川園隣接地)
2004(平成16)年現在地に園舎を新築し、移転する
2009(平成21)年現在の園名称に変更(東京都市大学グループ誕生)

クラス編成の主な変遷

1995(昭和30)年4歳児 2クラス
5歳児 1クラス
1958(昭和33)年4歳児 2クラス
5歳児 2クラス
1977(昭和52)年3歳児 1クラス
4歳児 3クラス
5歳児 2クラス
1990(平成2)年3歳児 2クラス
4歳児 3クラス
5歳児 3クラス
1994(平成6)年3歳児 3クラス
4歳児 3クラス
5歳児 2クラス
2004(平成16)年3歳児 3クラス
4歳児 2クラス
5歳児 2クラス

園章

創立者五島慶太先生の家紋である「五七の桐」に、東京都市大学の英字標記の略「TCU」と、その付属幼稚園であることをあらわす「幼」の字により園章が象られています。

理事長 泉 康幸

東京都市大学二子幼稚園は、1995(昭和30)年に東横学園二子幼稚園として創立しました。創立者は、東急グループの礎を築いた五島慶太先生です。2009(平成21)年4月、東京都市大学グループの誕生により、現在の名称に変更しました。五島慶太先生の「建学の精神」に示された人間像の基礎を養うことを目指して、幼児教育に取り組んでいます。
本園の初代園長には、お茶の水女子大学幼児教育の第一人者であった及川ふみ先生を招き、建学の精神の開花に尽力していただきました。

建学の精神(教育目標)

  • 健康:たくましい子ども
  • 知性:観察力と判断力にすぐれ、協力し合ってあそぶ子ども
  • 風格:意欲的に 志たかく さいごまでやりとげる子ども
  • 自立:自分の思いをはっきり伝えられ人の話をよくきく子ども
  • 感動と畏敬:正しいこと、美しいもの、すぐれたものに感動し素直に受け入れられる子ども

教育方針

あそびを通して、学びに向かう力、豊かな心、たくましい体を育てます

課題あそびと自由あそび、そして様々な楽しい行事、幼児期で最も大切な体験の積み重ねを重視します。良質な教育の提供を心掛け、「知・徳・体」の成長の姿がはっきりと分かる教育活動を実践します。

園長より

園長 細川 秀夫

幼児期の「躾」は字のとおり美しさを身に付けることです。本幼稚園では、その基本は挨拶にあると考え、登園、降園時に元気に「おはようございます」「さようなら」と毎日挨拶を交わします。笑顔と元気が溢れる幼稚園です。
私の目指す幼稚園像を紹介します。

  1. 子どもがいきいきわくわくとあそび、これからの国際社会や社会の変化に対応する「生きる力の芽生え」を育む幼稚園
  2. 安心・安全な環境の下、保護者が子どもの確かな成長を感じながら楽しく子育てができる幼稚園
  3. 東急グループ、東京都市大学グループ校との連携・協力が園児の健やかな成長を支えている幼稚園
  4. 変貌を遂げる二子玉川の街にお住いの方から愛され信頼される幼稚園

グランドデザイン

本園では園児が快適かつ安全に過ごすことができるよう、様々な環境を整えています。

施設・設備

  • 遊戯室には大型スクリーン・液晶プロジェクター・立体音響の設備があります。
  • 図書室には約3000冊の絵本があり、貸し出しも行っています。

建物の概要

  • 鉄筋コンクリート造
  • 地上2階建
  • 延べ床面積 1,200.15平方メートル
  • 優良防火対象物認定証「優マーク」取得

安全対策

  • 園舎はオール電化によるエコ給湯システムを導入しています。
  • 園内には防犯カメラが設置され、東急セキュリティに直結しています。
  • 園児の安全のために全ての遊具の下に衝撃吸収マットを敷いています。
その他
  • 通報システム(東急セキュリティ、警察) 
  • NTTの緊急メールシステム
  • 都市グループの安否確認メールシステム
  • 降園時の警備員の立哨
  • サーモカメラ
  • オーニング(日差し対策)
  • 園庭のスプリンクラー

連絡システム

園と家庭をつなぐ連絡システム(パステルApps)を導入しています。スマホから次のことができ、ご家庭との緊密な連絡と利便性の向上を図っています。

  1. 出欠連絡
  2. 家庭から園への伝達事項
  3. 検温の結果報告
  4. 預かり保育の申し込み
  5. 連絡文書の受け取り
  6. 行事の感想の提出
  7. アンケートの提出

〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-17-10

お電話でのお問い合わせ