はとぽっぽ体操

教頭発【令和3年9月8日水曜】曇り

 1学期に行っていた『たけのこ体操』から『はとぽっぽ体操』に変わりました。この日、2学期になって初めて年中組が遊戯室、年長組が園庭と学年別で分散して行いました。年中・年長組の子ども達にとっては、昨年の2学期も経験しているので、曲がかかると少しずつ思い出したようで、前にいる先生の動きを見ながら真似をしていました。

体操している様子を見ていたら、ふと『はとぽっぽ体操』はいつからしてきたのだろうかと気になり、調べてみました。正確な答えは出てきませんでしたが、職員室の棚に1959年の貴重なアルバムがあったので開いてみました。めくっていくと、当時の教職員の方が書いたと思われる『はとぽっぽ体操』の字と写真を見つけました。少なくとも62年間は続けてきたことを知り、本園の歴史と伝統をあらためて感じました。昔と今では子どもの姿もだいぶ異なると思いますが、時代が変わっても長く続けることの意味を考え、大切にしていきたいと思いました。

 今週から運動会に向けた活動も少しずつ始まっています。年中組は、ポンポンを持って遊戯をします。2回目ということで、並び方や振り付けをメインに担任から教わり、楽しそうに踊っていました。今日はここまで終わりにするという先生の話に「もっとやりたい!!」「簡単だったー!」という声が聞こえ、これからも楽しむ気持ちと意欲をもって取り組んでほしいと思いました。

〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-17-10

お電話でのお問い合わせ

目次
閉じる