夏期保育

教頭発【令和4年8月23日火曜】曇り時々晴れ

 2学期が始まる前に夏休みの最後の楽しい思い出となるよう、そして2学期への心と体の準備期間ということで、この日から3日間の夏期保育がありました。最初の2日間では、すいか割りと水あそびをどの学年も行いました。

 友だちや担任たちとの久しぶりの再会にドキドキワクワクしながら登園してくる子ども達。表情が少し硬い子もいれば待ちに待った幼稚園ということで張り切っている子もいてさまざま。「お手紙届いたよ。」「ありがとうございました。」と夏休み中に担任が送った暑中見舞いの御礼を進んで伝えたり、夏休みに経験したことを友だちと話したり、充実した楽しい夏休みを過ごしたことがうかがえました。

年少組はすいか割りを初めて経験する子が多く、担任に近くで誘導してもらいながら、すいかまで恐る恐る歩いて行く姿が印象的でした。年中・年長組は「右!左!」「もう少し前だよ。」など見ている子ども達から自然と声援が飛び交いました。ひびが入る度に「どこ?」「割れてきたね。」とみんなで一つのすいかを囲み、のぞき込む姿もありました。今年度は、すいかを食べることもでき、夏ならではの経験をして特別感を味わったのではないかと思います。

(写真は23日と24日の2日間を合わせたものの掲載になります。)

クラスみんなの力で割れたスイカを見る年少組さん!

 水あそびは、全学年で時差をつけたり、日にちを分けて行いました。年少・年中組は、廃材を活用した水鉄砲でいろいろな所に水をかけて楽しみ、年長組は水風船を使い、歓声をあげながら笑顔溢れる少し涼しげな夏の一日となったようです。

(写真は年中・年長組の様子になります。)

〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-17-10

お電話でのお問い合わせ

目次
閉じる