MENU

閉じる

閉じる


最後のライズ菜園

教頭発【令和3年1月21日木曜】晴れ

年長組はこの日が最後のライズ菜園へ行く日でした。
12月に観察した大根をいよいよ収穫させてもらう「大根掘り」。
今まで子ども達が行かれない間に、いつも菜園のお世話をしてくださっていた箱根植木の方から始めにお話が
ありました。

「大根の種はこんなに小さくて、今日まで大きくなってきたんだよ。」とカップ入った大根の種を一人ずつ順番に
見せてもらいました。

立派に生長した大蔵大根と宮重大根の2種類。

土から出ている白い部分を両手でしっかり持って、グラグラと何度か揺らして最後に上に持ち上げます!

担任がどんな料理に合うかを尋ねると、おでんやふろふき大根にすると美味しいとのお話がありました。
大きさや長さ、形はさまざまで、生長に違いがあることを学ぶ良い機会になったことと思います。
冬の味覚を各ご家庭で美味しくいただいたでしょうか。
最後には、一年間のお礼や4月から年長組になる年中組さんを「よろしくお願いします!!」と挨拶をして
箱根植木さんとお別れしました。
帰り道では、「味噌汁かな、豚汁にしようかな?」「大根サラダ!」「おでんがいい!」など会話も一段と弾む年長組でした。