MENU

閉じる

閉じる


学年別7月誕生会②

教頭発【令和2年7月16日木曜】曇り後晴れ

今日は、年中組の誕生会。
司会の先生からの季節の話は、七夕や笹飾りなどについてでした。
園長先生からは、夏の花「ダリア」「ツユクサ」「ネジバナ」についてのお話でした。
「ネジバナ」の画像を見て名前を尋ねられた時に知っている子がいて園長先生はびっくり!
園長先生の好きな花の一つだったようで知っていることを喜んでいらっしゃいました。
それぞれの花の特徴や花言葉などについても聞きました。

「にじいろのさかな」の話を真剣に観る年中組さん。
物語の内容は、自分の身体に輝く美しいウロコを周りのさかな達に羨ましがられ「ほしい」と言われますが
頑として断り続けるにじいろのさかな。
しまいには一人ぼっちになり、物知りのタコに相談に行きます。
タコは他のさかな達にウロコをあげるよう告げますが、なかなかあげることができません。
しかし、ある時あげることができたことで、自分の心に喜びや幸せを感じるようになるというストーリーです。

観終わった後、「にじいろのさかなさん、えらかったね。」「みんなが幸せな気持ちになったよね。」
という年中組さんがいました。
自分自身一緒に見ながら「自分だけが良ければそれでいい」という気持ちを大人もどこか持ってしまう時が
あると思い、改めて深く考えさせられました。

明日の年少組さんはどう感じるのか楽しみです。

手指消毒をして次の活動に移っています。

各部屋に戻ってからは、お祝いのプレゼントであるカードの中身の紹介があり、
手形や写真をクラスのみんなで見ました。