MENU

閉じる

閉じる


最後の遠足は

主任発【令和2年2月21日金曜】晴れ

暖かい陽気の中、年長組が幼稚園生活最後の「お別れ遠足」に行ってきました。
園庭で保護者の方々に見送っていただき、バスで上野の国立科学博物館へ向かいました。
行きのバスの中では担任から「かはくクイズ」。
博物館にはたくさんの展示物があるので、興味や関心が持てるように、また特に観てきてほしい物をクイズの中で
6つ紹介しました。道が混雑していて到着が予定よりもだいぶ遅れましたが、クイズを楽しみ、見学する時の約束について
話を聞いている間に無事に到着することができました。

午前中は、地球館に入り、ティラノサウルス・トリケラトプス・ダイオウイカ・ジャイアントパンダを
中心に見学しました。ジャイアントパンダのホワンホワンを見て可愛いと言ったり、アンモナイトの化石に
触れて喜んだり。

昼食は屋上のスカイデッキが空いていたので、スカイツリーを見ながらの食事になりました。

昼食後は、日本館へ移動し、フタバスズキリュウ・ハチ公などを見に行きました。
天井から下がっているフタバスズキリュウの化石に驚いたり、
ミイラがある場所では真剣な表情で見て、「ツボに入ってたね」など関心が高い様子が
どのグループも見られていました。

企画展にも行き、もっと見学したい気持ちをあとにし退館となりました。
帰りのバスではDVDを観て楽しみ、保護者の方が待ってくださる園庭まで無事に戻ってくることができました。
今までに国立科学博物館に家族で行ったことがある子もいたようでしたが、幼稚園の友だちや先生たちと行く
最後の遠足が終わり、卒園前の思い出がまた一つできたのではないかと思います。
ゆっくり今日は身体をは休め、また来週元気に登園してくださいね!