MENU

閉じる

閉じる


表現することは楽しい!子どもの発表会

主任発【令和元年12月5日木曜】晴れ

3日・4日は園児対象、そしてこの日は保護者対象の子どもの発表会でした。
どの日も遊戯室がいっぱいになるほどの大勢の友だちやおうちの方々に観ていただき、緊張した様子でしたが、
一生懸命今まで取り組んできたことを舞台の上で表現していました。

初めての発表会でドキドキした表情を浮かべながらも、身体を一生懸命動かし、元気に遊戯をする可愛らしい年少組。

年中組は、セリフに合わせた動きや踊りのある舞踊劇に挑戦。
大きな声で歌い踊って、笑顔で堂々と表現を楽しむ姿が見られていました。
みんなで劇をする楽しさを初めて感じ、友だちとのかかわりもより深まってきたようです。

年長組は言語劇。
自分の役に合わせた身体表現・出番・セリフなどを考え、覚えたり、日々責任を持って取り組んできました。
お休みの子の代役も誰かが進んで引き受けたり、今までクラスで話し合ってきたことをもとに
1つの劇として作り上げる喜びを友だち同士で分かち合ってきたことで、
まとまりと自信がしっかりと劇に表れていました。

運動会後からこの発表会のために1ヵ月近くかけて過ごしてきた子ども達。
きっとそれぞれに自信がつき、成長につながったのではないかと感じ、行事の大切さをあらためて痛感しました。
全員に大きな大きな『はなまる』と拍手を送りたいと思います。
保護者の皆様、最後までご観覧いただきましてありがとうございました。
(写真は、12月3日・4日に撮影したものになります。)