MENU

閉じる

閉じる


夏野菜の調理*野菜克服!?

主任発【令和元年7月2日火曜】曇りのち雨

7月に入ってもまだまだ梅雨が明けず何だかどんよりした曇り空が続き、日照時間が少ない今年ですが、
5月から栽培している夏野菜は子ども達の水やりのお世話や愛情を受けて、どの学年も無事に収穫・調理をすることができました。
年少組と年中組はピーマンとナス。年長組はつるなしインゲンを育ててきました。

年中組はこの日、立派に育ったピーマンとナスを朝から収穫。たくさん実り、籠いっぱいに!まるで売っている物かのようでした。
ナスは少し皮が厚く弾力があり、包丁で切ると硬さが感じられ、力加減が難しかったようでしたが
一人ずつ気を付けながら挑戦していました。

年長組は、自分たちで育てたつるなしインゲンを包丁で小口切りに。
インゲンを押さえるネコの手も、均等に細かく切ることもさすが年長さん!
担任がジャガイモ、ベーコン、コーンを入れて炒める様子を見てからお弁当の時間にいただきました。
(4日に行いました。)

年少組も収穫し、2度ナスとピーマンの炒め物を各クラスで食べましたが、家庭では今まで食べられなかった
ナスやピーマンが初めて食べられた子もいたようで、自分たちで育てたという思いや
友だちに感化されてのことかもしれません。
引き続き、幼児期のうちにいろいろな食材、味などを口にするきっかけになるよう食育活動を考えていきます。
ご家庭でも食を大切にし、親子で料理をするなどご協力お願いいたします!