MENU

閉じる

閉じる


麦とからし菜の迷路

副園長発【平成30年12月10日月曜】曇り

今日はとても寒い一日でした。
年長組はライズ菜園での大根の観察。
今年は大蔵大根と聖護院大根の二種類。
葉が伸び、大根が土の中から白い頭をのぞかせていました。
大きな葉をかき分けて観察する子どもたち。
まだ大きくなるとのことで、年明けに大根掘りを予定しています。

先月まで落花生やサツマイモが植わっていたスペースに、
麦とからし菜の迷路ができていました。
お世話をしてくださっている箱根植木の方から、
「優しく触ってみてください」というお話をいただき、迷路の中へ。
からし菜のふわふわした葉と、麦の細い葉の感触を比べていました。

ついこの間まで「あついあつい」と言っていた菜園での活動ですが、
いつの間にか指先がかじかむ季節になりました。
年長組の菜園活動もあと1回。
貴重な体験の機会を大切にしたいと思います。