MENU

閉じる

閉じる


七夕の夕涼み会

副園長発【平成30年7月7日土曜】曇り

今日は昨日の雨で延期になった夕涼み会を開催しました。
「お天気になってよかったですね!」「外でできてよかった!」と登園時のお母さま方。
浴衣や甚平を着て、「こんばんわ!」とちょっぴりおしゃれをしてきた子どもたち。
チケットを手に各学年のコーナーに行き、ゲームあそびを楽しみました。
お家の方に写真をとってもらったり、お友だちとおしゃべりをしたり、楽しそうに過ごす親子の姿。
園長先生から、七夕のこと、大雨で災害が起きているところがあること、
そして盆踊りを元気よくというお話を伺った後、みんなで輪を作りました。

今日は年長児のお父様の太鼓と、キャラクターのお面をつけた学生サポーターの応援で盆踊り。
「ドラえもん音頭」「忍たま音頭」を元気よく踊りました。
踊りの後、子どもたちは席でジュースを飲みながら、おうちの方の盆踊りを観ました。
お母さま方に混ざって、小学生も大勢参加。
大人の踊りを一生懸命真似て、「東京音頭」を一緒に踊ってくれました。

盆踊りの後はお楽しみの花火。
吹き上げ花火に続いてナイアガラ花火。
途中、ハプニングもありましたが、子どもたちは目を輝かせて花火を鑑賞。
きれいな花火に歓声が上がりました。
お土産をいただき、「たのしかったね!」と園を後にした子どもたち。
七夕の夜、雲間には星が顔をのぞかせていました。
夏の風物詩「夕涼み」。
この時期ならではの季節行事を、友だちやおうちの方と一緒に楽しむことができたようです。
保護者の皆様、都市大人間科学部の学生サポーターの皆さん、法人本部の皆さん、ご協力ありがとうございました。