MENU

閉じる

閉じる


*鏡をよく見て *おいしいジュースのできあがり!

副園長発【平成30年5月29日火曜】曇り

年長組は昨日と今日の2日間で「自分の顔」を描きました。
1日目は絵の具の活動。
溶き絵の具を筆に付けて、四つ切の画用紙に大きく自分の顔の輪郭を描き、
色を塗ったり耳を描いたりしました。
鏡を覗き込んで、形を確認しながら描く子どもたち。
細長かったり、丸かったり、自分の顔の形を捉えて表現していました。

2日目の今日は、昨日の顔に目、鼻、眉そして髪の毛をクレヨンで描きました。
はじめに担任の話を聞きながら、自分の顔に触り、その位置や形を確認。
鏡でそれぞれの形を確認しながら、写実的に表現する子どもたち。
6月の口と歯の衛生週間に因み、歯の大切さについての話も聞き、
赤い紙に口の形を描いて、切り取りました。
その中に、鏡に映った歯を描き、顔に貼りました。
口の中をのぞいて葉が何本あるか数える子も。
じっくりと観察しながら、それぞれの特徴を捉えて描く様子が見られました。
絵を見ただけで誰かわかるような、本人によく似ている顔が描けました。

年少組ははさみを使った初めての活動。
細い色画用紙を「赤はイチゴ」といった具合に果物に見立て、
コップの中にはさみで切りながら入れていきました。
まずは自分で好きなジュースの味を3つ選び、
はさみの先を開いてチョキンチョキンと切り落としていきました。
コップがいっぱいになると「みっくすじゅーす!」「そーだ(青い紙)もはいってるよ」と嬉しそう。
担任にストローを指してもらうと「おいしい!」と飲む真似をして楽しむ子どもたちでした。