MENU

閉じる

閉じる


グラウンドで縄跳び

副園長発【平成30年2月26日月曜】晴れ

年中組は都市大総合グラウンドでの活動。
東急スポーツのコーチの指導により、縄とびを使った活動をしました。
コーチたちの紹介の後、まずはウォーミングアップ。
体操や身体を使ったジャンケン、縄や三角コーン、縄梯子を使ってのサーキット。
身体が温まったところで、縄跳びへの導入。
縄を片手に持ち、大きく回したり、それに合わせて跳んだり。
そしていよいよ両足跳び。
3回、5回、10回と次第に数を増やしながら、行いました。

続いては走り跳び。
縄を回しながら、コーチのところまで走り跳び。
はじめは要領がつかめなかった子も、繰り返すうちにできるように。
速さではなく、丁寧に跳ぶことを目標に、リレーも行いました。

最後は大繩。
コーチの合図でグループごとに縄を跳び越し。
揃って跳ぶことを繰り返し行うと徐々にタイミングが取れるように。
難しかったようですが、大回しにも挑戦しました。

冬休みには、お家でも縄跳びにチャレンジした子どもたち。
両足跳びができるようになった子も大勢いましたが、
走り跳びや大繩を使った縄跳びに今日初めて取り組んだ子も、
跳び方を習得し、楽しそうに行う姿が見られました。
「また、年長さんになったら来ようね」。
広いグラウンドで思いっきり体を動かした年中組でした。