MENU

閉じる

閉じる


カブの収穫

副園長発【平成30年1月11日木曜】晴れ

昨日から3学期が始まりました。
冬休みの間に、また一回り大きくなったプランターのカブ。
年少・中組が収穫をしました。
年少組はカブを使って調理活動。
カブのスープを作りました。
子どもたちが小松菜をちぎり、カブを一人ずつ包丁で切り、担任が大きなお鍋でスープ作り。
ベーコンを炒め、細切りしたニンジンと一緒にカブを煮て、コンソメを入れたら出来上がり。
おいしそうな「カブのスープ」の完成です。
昼食時にお弁当と一緒にいただきました。
温かく、カブの甘みが感じられるスープを「おいしいね!」と嬉しそうに食べる年少児でした。

年中組は収穫したカブをよく観察して、観察画を描きました。
クレヨンでカブの輪郭を描き、根や葉の様子も細かく観て描いた後、
カブを白い絵の具で塗りました。
カブの形や葉の様子を捉えて絵にする様子が見られました。
明日はカブを使った調理活動を予定しています。