MENU

閉じる

閉じる


友だちと一緒に

副園長発【平成29年7月20日木曜】晴れ

大きな荷物を手に、「こんにちは!」と元気よく登園してきた子どもたち。
荷物を置いて、グループの担当をする先生に挨拶をしてから、全員が遊戯室に集まりました。
「楽しいことがたくさんあるけれど、楽しいだけではなく、自分のことは自分でがんばりましょうね」という、
担任からの言葉に「はい!」と答えていました。
園長先生のお話を伺い、お世話をしてくれる先生たちに「よろしくおねがいします!」。
待ちに待ったお泊り保育の始まりです。

まずは調理活動。
みんなでカレー作りです。
玉ねぎやニンジン、そして菜園で収穫したジャガイモの皮むき。
玉ねぎは指で丁寧に皮を剥がし、ニンジン・ジャガイモはピーラーで皮を剥きました。
丸いジャガイモには少し苦戦していましたが、お家で経験してきたのか、上手に扱える子もいました。
野菜を一人ずつ包丁で切り、具材が用意できたところで、大きな鍋で炒める様子を観ました。
煮込む間は布団運びと園庭での自由あそび。
布団は二人一組で力を合わせて運びました。
夕方になっても暑さはまだありましたが、歓声を上げ、元気にあそんでいました。
カレーの具が煮えたところで、子どもたちが割ったカレー粉を入れるといい匂い。
美味しいカレーが完成しました。

夕食は全員が遊戯室に集まって「いただきます!」。
お皿にカレーをよそってもらい、おいしそうに食べる子どもたち。
おかわりをする子が多く、中には5~6回お皿を空にする子も。
「カレーだいすき!」と友だちと会話をしながら、楽しそうに食事をしました。
ごちそうさまの後は、食器洗いも経験しました。

そしていよいよ夜のお愉しみ。
遊戯室にあつまり、クイズをしているところに宇宙人からのお手紙が。
大騒ぎになった子どもたちの前で封筒を開けてみると、園舎のすぐ上にUFOが。
急に室内が暗くなったと思うと、宇宙人からのメッセージが聞こえました。
先生たちを連れていかれた子どもたち。
「わーっ」と泣き出す子、怖がって机の下に隠れる子。
そして宇宙人との勝負をしに、グループごとにクラスのまわってしりとりやクイズ。
友だちと助け合い、宇宙人のところに無事にたどり着いた子どもたちは、
宇宙人から、勇気のしるしをもらい、先生たちは無事みんなの元へ。
「だいじょうぶだった?」と心配する子もいれば、
「あれはせんせいたちだった」という子も。
宇宙人はUFOで飛び去り、興奮も収まったところで、
園庭での花火。
手持ち花火は初めてという子もいたようですが、
輪になってきれいな花火を楽しみました。

シャワーをながし、パジャマに着替えて、絵本の読み聞かせ。
予定時間より遅れてしまいましたが、9時45分ごろ消灯。
興奮気味だった子どもたちですが、寝つきがよく、数名を除いてはすぐに就寝。
最後の子が眠りについたのは11時頃でした。
ぐっすり眠る子どもたち。明日も楽しく過ごしましょうね。おやすみなさい!