MENU

閉じる

閉じる


こどもの発表会予行

副園長発【平成26年11月27日木曜】晴れ

今日は昨日とは打って変わり、暖かな晴天。遊戯室では朝からお昼過ぎまで、発表会の予行を行いました。はじめに年長組の歌と合奏。合奏は途中から少しテンポが速くなり、揃わなくなるところがありましたが、皆、自信を持って演奏していました。

続いて、年少組の遊戯。全身衣装に身を包み、見ているだけでとてもかわいい年少さん。1組2組3組の順で3曲続けて踊りました。幕が開くと、緊張の面持ちで、いつものような元気が見られない子ども。少し興奮気味、張り切って身体を動かす子ども。嬉しそうに満面の笑みで踊る子ども。当日、大勢のお客さんがいたら、やはり緊張してしまうのかな?いつも通りの遊戯を見せてくれるといいと思います。

次はほし組。華やかな衣装に、子どもたちもやる気満々。歌も覚えて、歌いながら踊る子どもたち。自分の出番も忘れずに、元気な舞踊劇を見せてくれました。その後はやま組。お休みが多かったため、年長組は後日改めて行う予定です。その後は、再び年少組の発表。同じクラスでも、取り組む題材で、雰囲気も子どもの様子も違います。昨日、学年で見合ったせいか、舞台での活動にも大分慣れてきました。

その次ははな組。先日からの体調不良で、なかなかメンバーが揃わない中での活動でしたが、歌をよく覚え、声もよくでていました。何より、楽しそうなのが年中組のよいところ。フィナーレも決まって、舞台から戻る子どもたちの表情も満足そうでした。
最後はもり組。代役が多かったものの、友だちの役も演じることができるのは大したもの。さすが年長さんという劇を見せてくれました。(年長組の写真は、後日の活動の際に。)